FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子猫たち、やって来ました♪





らぶぴに珍しく、



子猫がやってきましたよー!







3頭♡






↑の三毛ちゃんと、黒白くんと、





茶トラくん♡





同じ場所から保護された3頭ですが、




じつーは?




あれれー??



ちょっと大きさが???






そーなんですよねー💧



多分!



三毛ちゃんだけ、親が違います💦



でも!



茶トラくんと黒白くんのお母さんは、



三毛ちゃんも一緒に育ててくれていました!😭








今日、入所しまして、



これから、新しい飼い主募集を開始する予定だったのですがーーー



決まりましたっ!



茶トラくんと黒白くんだけですが、



決まりました~~~♡✨







実は、今日は、10年前のフォスターさんの見学がございました✨



頑張る尻尾シロップと、


和束猫シオンの、


フォスター様でした✨






シオンは、譲渡3年後くらいにお星様になり、



シロップは今年一月、天寿をまっとうさせていただきました。





昔話に花を咲かせました。(╹◡╹)



お届けの日とか、色々鮮明に覚えています。







今日の出逢いは、ご縁なのでしょう✨♡



ちなみに、茶トラくんは、FIV陽性反応が今はあります。



断言はできませんけれど、多分、親猫の移行抗体に反応してるのでしょう・・・



幼齢の子で、本猫が陽性の場合、



なんちゅーか、線が細いんですね。💧



ごめんなさい、昨日の記事で経験だけでもダメだー



なんて書いといて・・・😅



はい、これは経験上です。(笑)




そんな訳で、親猫の移行抗体で無いかなーと思ってはおりますが、



もし、本猫のものであっても・・・



別に、普通です・・・💧



何事もなく、普通に歳をとり、



天寿をまっとうする猫は沢山居てて、



発症してーーというケースは、



なんか、大抵、保護した時点で、過酷な環境下で生き延びてきてくれていて、



この時点で発症していたり、



身体を酷使してきたりして、発症に至ったり。



だから、幼い子でFIVの子が居たら、



その時から大切に育てられると、



発症する理由がありませんよねー。



なぜ今更またまた同じことを書くかというと、



これを読んでくださった方が、



勇気を持ってくださったり、



FIVの子達が1頭でも多く、幸せを掴んで欲しいなー♡



と思いまして、またまた書くことにしました。😅






さて!



三毛ちゃんは、募集を開始しますよー!!!



なーんか、笑えるキャラです。笑




ぷぷぷ。



生後1カ月ちょっとくらいかな??



耳、折れてる訳ではありません。💦



めくれてますが、これもご愛嬌ということで✨✨✨





茶トラくん!



黒白くん!



早々のご縁、



心から、おめでとう!!!!!




フォスター様!



本日のご見学、誠にありがとうございました!!!







*****************


✨新しい飼い主さんとの出逢いを待っている子達の一覧はこちら✨

image9876543_20161130104648ee8.jpg 

ぜひ、見てね♡





✨活動を応援してください♪✨

サポーター募集

ご無理の無い範囲での継続的なご支援で活動を支えてください!m(_ _)m




*****************


ポチッとして頂けると、励みになります♪

にほんブログ村 猫ブログへ






***************************************

| 保護(新入所)のお知らせ | 22:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT