FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

罪は消えないということ





Facebookの方で、少し書きましたが、



今日、らぶぴの敷地内に、6頭の子猫を置いていかれました。



今日、藏田は不在で大津を離れてまして、



スタッフから一報が。



すぐに戻れないため、スタッフ達だけで対応を頑張ってくれました。



これは、預かったわけでも、落し物を拾ったわけでもありません。



「遺棄」なので、大津警察署へ連絡。



大津署からは、生活安全課が、



近くの交番からは、拾得物の書類を持って、



来てくださいました。







セキュリティのための着けてある防犯カメラ。



前夜の23時52分のあと、







翌朝4時26分に、防犯カメラが何かに反応して記録したもの。



この時には、カゴが置かれていました。



推測ですけれど、回り込んで映らないようにして置いたのでしょう。



人影も身体の一部も映っていませんでした。



夜間は赤いランプが点滅しているので、作動しているのがわかるからです。







先程、子猫たちに逢ってきました。







みんな、すごく緊張した様子でしたが、







1頭1頭、触らせてもらいました。



しんどい子は、居ませんか?






わー。



みんな、身体が引き締まっているから、母乳っぽいなあ・・・



ご飯は自分で食べられるのだろうか・・・



眼の色が、キトンブルーから色素のある色に変わっているので、



2ヶ月過ぎたくらいかなあ・・・



体重は恐らく800gくらい。



きょうだいっぽい。



野良ちゃんの子供では無さそう。



どうも、飼い猫が生んだっぽい。







スタッフが用意してくれたご飯を取り分けて自活の確認。







みんな、緊張のあまり固まってたけど、



お腹空いてたね。








どの子も、みんな自分でご飯を食べることができました。







やれやれ。



一安心。






大津署の生活安全課は、これは遺棄だと言われていたそうで、



捜査のために、証拠写真などを撮られたり、防犯カメラの確認をされたり、



猫たちの写真を撮られたり、第一発見者のスタッフに事情を聞かれたりして、



遺棄事件として扱われました。




多分、法律の関係上なのだと思いますが、拾得物の届けも必要だったようで、



近くの交番の警察官がその対応をされました。



(今は現状維持が2週間になったのですね!)






さて。



タイトルの「罪は消えない」の件です。



実は、ここしばらく、活動録を更新できなかったのは、



社会のニュースが重いニュースが続き、言葉を発することができなくなっていました。



少し前まで、罪と罰について考え続けていて、



罰は誰のためにあるのか、



その答えが得られないまま、今日に至っていますが、



活動録は更新しなければ、猫たちの露出度が下がるため、



書かなければ、書かなければ、と思って、何度もパソコンに向かっても書けなくて、



やっと昨日、少しだけ書くことができたのです。





恐らく、この子達を捨てに来た人は、この記事を読むと思いますので書かせていただきます。



最近、死刑囚の刑が執行されましたね。



ご存知でしょうか。



藏田はこのことで、しばらく考え続けました。



極刑は何のためにあるのか。



誰のためにあるのか。



刑に服すれば、罪は消えるのか。





ここまで書けばわかりますよね。



どんな罰を受けようと、



罪は消えない、ということです。



してしまったことは、何を持ってしても、消えないのです。



いかなる事情、理由があっても、



してはいけないことは、してはいけないんです。



それを、わかってください。





そして、今日は、スタッフたちも、らぶぴの猫たちも、大変でした。



でも、一番大変だったのは、捨てられたこの6頭の子猫たちでしょう。



みんな身を寄せ合って、とても不安そうな表情をしていました。




以上。




*****************


✨里親さんとの出逢いを待っている子達の一覧はこちら✨

image9876543_20161130104648ee8.jpg 

ぜひ、見てね♡





✨活動を応援してください♪✨

yahoo!8_20161130232654d01.png

Tポイントで募金していただけます♡



*****************


ポチッとして頂けると、励みになります♪

にほんブログ村 猫ブログへ






***************************************

| 藏田雑記 | 01:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT