fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コメントのお返事2

藏田です。
コメントのお返事が中断してしまって、誠に申し訳御座いませんでした。
誠に失礼を致しました。

皆様、お返事が大変遅くなりました事、心からお詫び申し上げます。
至らぬ事も多々ある藏田、LOVE&PEACEですが、どうか今後とも何卒宜しくお願いを申し上げます。



黒岩三和子 様
はじめまして、藏田和美です。
大変ご丁重なメッセージを頂戴致しておりますのに返信が1ヶ月以上も遅れましたご無礼を心からお詫び申し上げます。
誠に申し訳御座いませんでした。

事態はその後、報道でもあるように、サンクチュアリ実現に向けての動きと、現状はまだ変わっておらず、事態はさらに悪化している・・・という現場の状況です。

藏田も正直、厳しい現場と捉えてはいますが、そこで動きを止めたらそれまで。
何かしらのアクションを起こす事が動きを変える始まりとなるため、やはり諦めるわけにはいきません。
諸事情があり、すべてを公開出来ないのですが、現状まだこの牛達は処分は受けていません。
また、所有者は2者居られ、1者は殺処分に同意されていません。
福島県の方からは殺処分の承諾書が農家さんに送られていますが、説明会の方が後という、何と言うこと。
本当は行政と全ての農家さんの間をコーディネートする必要性を強く感じています。

そう思ってはいても、うちには手が届かない領域です。
かといって、他力本願でどこかにお願いをする、という行為も出来ず・・・
だから自分達に今出来る事を・・・となってしまっています。

お便りの件、お送りいただいていましたら、もしかしたら受信できていないかも知れません。
私信にてご連絡申し上げます。


小松みゆき 様
はじめまして、藏田和美です。
この度は大変温かいメッセージを頂き、本当に有難う御座います。
それですのに、返信がこんなにも遅くなってしまいました事、心からお詫び申し上げます。

小松様こそが大変なご状況ではないかと想います・・・
あの日から、福島の事を想わない日は本当にありません。
無人になってしまった警戒区域内。
警戒区域内に近付けば近付くほど異様な光景があり、それは肌でも感じるものがあり、何もかもが悲しい一日でした。
生活の方は如何でしょうか・・・
少しはお休みになれる事が出来るようになられましたでしょうか・・・
ご不便な事は無いでしょうか・・・
もし何かあればどうか御気を使われずに声を届けてください。

大変な中、被災動物のお預かりをして頂き、本当に有難う御座います。
フードとか、何か必要なものがあって、大変な想いをされるような事がありましたら言ってください。

どうかご無理もされませんように・・・


国吉真弘 様
こんにちは、藏田で御座います。
大変ご丁重にもメッセージを頂戴しまして、本当に有難う御座いました。
それですのに返信がこんなにも遅くなりました事、誠に申し訳御座いませんでした。
心からお詫び申し上げます。

その節は大変なご尽力を頂き、本当に有難う御座いました。
Aさんとその後お電話でお話させて頂いていて、皆様がご尽力くださいましたお話をもお伺い致しました。
大きな荷物をお願いする事になり、皆様の活動の邪魔をしてしまったのではないかとあとから危惧しておりました。
お手を取らせてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

国吉様からの力強い文面を拝読し、何か大きなものを得てお帰りになられた事を拝察しております。
藏田もご一緒したかった・・・
いてもたっても居られない想い、お電話で、心に直球で入ってきました。

まだまだ被災地、こと福島では災害が継続中です。
本当に国民が人事と捉えずに、明日は我が身です。
何かしらのアクションを起こしていければと思います。

その後もお忙しくされておられると思います。
お身体はくれぐれもご自愛くださいますように。
また何かありましたらご連絡させて頂きます!


マリリン 様
はじめまして、藏田和美と申します。
この度は大変温かいメッセージをたまわっておりますのに、返信がこんなにも遅くなってしまい、誠に誠に申し訳御座いませんでした。
心からお詫び申し上げます。

牛は本当に専門外で、どうしたら良いのかわからないまま、それでもあの苦しむ姿を見なかった事には出来ず、現在に至っております・・・

後から知ったのですが、あの日、芸能人の杉良太郎さんもご夫妻で福島へお見えになられていたのを後からテレビで知りました。
物凄い雨風で、杉さん達も雨風にさらされていましたが、そうだったんだ・・・^^;という感じでした。

雨は渇水している動物達にとって、本当にありがたいもので・・・
内部被爆への心配はありますが、今を生き延びるためには雨水も必要です。
なので、雨水が溜まって飲めるように・・・とも思って、一部外周に容器を出して来ました。
上手く飲めていれば良いのですが・・・


Piko 様
Pikoさん、もう本当にいつも助けてくださり、本当に涙が出ます。
Pikoさんこそも活動で大変で居られますのに、いつも気にかけて頂き、本当に心から感謝致しております。
それですのに、返信が本当に遅くなってしまいました事、何卒お許しくださいませ・・・
申し訳御座いません・・・

郵便局の事、口座番号ですが、合っている筈なのですが、何故でしょう・・・
お手数をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
もう一度郵便局の方に聞いてみます。
(一応、聞いたものを表記してはいるのですが、担当者の方によって説明が違うかも?)

Pikoさんの事ですから、きっと砂を噛む想いで被災地の事を想っておられると思います。
藏田もそう。
本当にこの距離さえ無ければ・・・
そしてもう少し身軽に動ける状況であれば・・・
(今頃滋賀に居ません。^^;)

ですが長距離ゆえに、後方支援に回るという方法があります。
だから、少しずつでも何かしらのお手伝いを継続してして行きたいですよね。
藏田も微力ながら、考え、前進してみます。


チャチャ丸 様
チャチャ丸さん、こちらこそが大変ご無沙汰してしまっていて、本当に申し訳御座いません!
いつも何かの時には温かいエールをお送りくださり、本当に有難う御座います。
それですのに、返信がとてもとても遅くなってしまいました事、心からお詫び申し上げます。
誠に申し訳御座いません。

いつもすぐにアクションを起こしてくださり、本当に有難う御座います。
チャチャ丸さんからメッセージを頂戴しましたように、当初から被災地行政と政府側(農水省)との温度差はありました。
農水省は特に「現場を見ろよ!」という感じでしたね・・・
福島県の畜産課の方と、浪江町の役場の畜産担当の方とはお話を色々して来ていて、藏田の話をした時は、悪い発想や印象はありませんでした。

しかし・・・
現状を見ると現場は何も変わっていない・・・
深刻な状況という表現を使う時期もとうに過ぎました。
それ以上の状況です。

藏田は思います。
原発事故の影響がここまでにしています。
ニュースを見てもどこまでが本当かわかりません。
事故の影響を勘ぐれば、何もかも納得が行きます。
茶番劇のようなものを見ていたような気がします・・・

となれば、あとは自力で脱出させるしかない。
もう国に求めても無理。
諦めるのではなくてね・・・

そう思っています・・・
悲しいね・・・本当に・・・


めいのママ 様
こんにちは、藏田で御座います。
こちらこそがこんなにも長い間返信も出来ておりませんでしたのに、勿体無いお言葉で御座います。
ご支援に額は関係ありません。
日々もそうですが、ご支援くださる方はみな本当ならご自分も行かれたい想いをお持ちです。
ですがみな諸事情があり行く事は出来ない。
だから変わりに・・・などの深い想いが込められてご支援頂いていると思います。
それが根底にあるので、額は関係無いと、藏田は思っています。
(藏田も過去は団体様に寄付していたので気持ちはわかるつもりです。もう今では出来る余裕が無くなってしまいましたが・・・^^;)

こちら秋葉台へ越してきて今年の夏で2年になります。
最初の年は梅雨が明けてから来ましたのでこの土地の大変さを知りませんでしたが翌年知る事になり、今はその闘い?の最中です。
湿度が凄く高くて、昨年は施設の中をボロボロにカビにやられました。
今年は今の所、被害は出ていません。^^;

また、機会があれば是非お立ち寄りくださいませ。
今後とも何卒宜しくお願いを申し上げます!


ぼん&るる&しなもんママ 様
こんにちは、藏田です。
勝手に「ママ」を付けちゃいました。(笑)
いつも本当にご配慮頂いてしまい、申し訳なく思っております・・・
本当に申し訳御座いません。
本当に有難う御座います。

避難訓練が眼に浮かびます。^m^
そうですよね、本当に。
いつ何が起こっても・・・と思いますよね。

各家庭でも防災対策は必要ですが、特に今回思ったのは各自治体の防災訓練の必要性と災害時の動物避難について、考えておいた方が良いので、自治体に要望しなければと考えています。
各家庭の防災対策については、やはり身分を表記するカラー(首輪)が今の所有効なのではと思います。
マイクロチップは、読み取りリーダーを全ての自治体が持っていて、実践されてるかを確認する必要があります。
今回被災した動物も自分の身分を表記したものを目に付く所につけている子は飼い主さんとの連絡がスムーズに行われていますよね・・・

うちは何が何でも出さない、という信念のものなので、首輪はさせていないのですが、ちょっと真剣に考えてしまいます。
もし、ここが崩壊したら・・・
猫達が外に出てしまったら・・・と思うと、首輪も考えた方が良いのかも知れません。
しかし、これはこれで何かに引っかかったりした場合、二次被害が起こる可能性があるので、そう思うと躊躇してしまうのですがね・・・
でも、また何か気がついた事があれば書きますね!

| 藏田雑記 | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT