PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かっぱ通信2


fIMG_0897.jpg


皆さまこんにちは。

ラブピ―スタッフの、Sです。


引退猫のかっぱについて、

現況につきましては

先日藏田代表が受診の様子とともに

お伝えししたとおり。


日々の生活につきましては、

私が預かり人として報告する義務がありますが、

連日やせ細った映像ばかりお見せして、

ほんとうに、どうしたものでしょうか・・・・・


けれど、

かっぱちんがこれほどいのちをもたせてくれたのです。

私も元気を出して、何か残してあげなくてはね、

ねえ、かっぱちん?

なのです。


申し訳ありませんがもう少しの間、ご容赦ください。




我が友、かっぱちん。

LOVE&PEACE Pray の保護猫たちの

元クラスメイト、かっぱ。


以前から私たちの活動を支援してくださっている皆様には

ご存知の方も多いはず。

かっぱちんには口蓋裂という障害があります。

それに猫白血病のキャリアという、少し厄介な問題もありで、

fIMG_0759.jpg



ラブピ―でもそうでしたし、我が家でも、

基本的には隔離し、一匹だけの生活を強いています。


口蓋裂はどうしてそんなことになったのでしょう。

彼の口の中は

鼻腔を隔てるための口蓋に穴が二つあり、
(二度、手術で塞いでいただいていますが、穴が大きくなり、
最近別の場所にもできました)

異物が入るため、

鼻腔の炎症が常態となり、溜まった鼻汁がくしゃみとともに放出されます。


よく知られているとおり、

猫白血病ウイルスは鼻水からも感染するといわれ、

今までしたくてもできない他の猫との共同生活でした。



それに匂いも汚れも相当なもの。

一日中垂れてくる鼻汁を拭うため、

汚れで前足がべこべこ。

ただし、それは

かっぱちんにとっては当たり前のこと。

本人は平気なんだから、

気にしない気にしない!




そう、

こちらも気にしなければ良いということにして、

預かり人の私は狭い寝室を明け渡し、

彼の居住スペースとしました。

実はお漏らしの癖もあり、

それはご支援でいただいた「静床マット」とペットシーツで

対処しようということになりました。


もうそのとき、すでに体力の限界がそこまで来ているとの

予測だったのです。



ですから、


「かっぱちん、調子はどーお?」


fIMG_0883.jpg

・・・・・な生活が始まったのですが、

元来寂しがりやの性格で、当然

家猫になってもなお孤独は解消されず、

不完全燃焼。

いまいち幸せが感じられない。


ある日の情景。 いっしょに過ごしていると、

fIMG_0816.jpg

あれ? いま(人間の)おにいちゃんが廊下を通った? 

うん。

それに、さっきからそこに(猫で怖い)女刑事さんも

張り込みを続けているようだよ。


このところ、かなり調子が悪いのに、廊下の気配には敏感。

やっぱり、ひとりは嫌だよね。

じゃ、

今日もお散歩行きますか?

fIMG_0819.jpg

レッツ・ゴー!!!

いざ、リビングへ。

fIMG_0846.jpg

みんなのお水、僕のとひと味ちがう!

fIMG_0858.jpg

人間の枕と布団、最高!!

先住猫(マイキャット3、預かり2)は短時間なら

遠巻きに見ているだけで、あまり干渉しません。

お水もすぐに新しく替えるので大丈夫。


さて、

これらの写真のほとんどは2週間ほど前のもの。

スタッドテイルでしっぽとお尻のあたりを刈ったので

よけいに痩せて見えます。


そしてここ数日、

オムツを始めました。

fIMG_0914.jpg



明日から仕事。

今度の週末まで待ってくれないか、と思っています。


お読みくださってありがとうございました。








*****************


✨里親さんとの出逢いを待っている子達の一覧はこちら✨

image9876543_20161130104648ee8.jpg 

ぜひ、見てね♡





✨活動を応援してください♪✨

サポーター募集

ご無理の無い範囲での継続的なご支援で活動を支えてください!m(_ _)m




*****************


ポチッとして頂けると、励みになります♪

にほんブログ村 猫ブログへ






***************************************

| スタッフ雑記 | 23:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT