PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新規保護ねこ❤️みいみい






先月28日、




新しく保護ねこを迎えました!




新しく!




とはいえ、




少しお待ちいただいた猫ちゃんです。




最近、ご高齢者の方のご老人施設への入居のために、一緒に連れて行くことができないとのご相談をよく受けます。




ご本人は連れて行きたくとも連れていけないんです・・・・・




これって、どうなん。




と、最近藏田は思う訳です。




一緒に入居できる施設も全国でまだ数件しかありません。




課題は多いでしょうが、行き場を失うどうぶつのことは、そもそも人の問題なのですから、




そこを軸足にして動物愛護の観点から、問題解決をすることも、考えて欲しいです。




なーんか切り離されていることに、不満を感じます。









それはそうと、




初期検査に行ってきました!!!









めちゃめちゃ人懐こいべっぴんさん!!!



FeLVが弱陽性なので(陽性だけれど、保有しているウイルス量は少ない)、



インターフェロン療法を3クールすることにしましたが(陰転することがあるので)、



その他は、貧血などもなく、血液検査の結果は良好です✨









どうでしょうかね、




これも考え方のひとつなんですが、




1匹しかお迎えしていただけないご家庭の方とか、




ちょっと発想を変えて、このみいみいちゃんや、1匹飼いが望ましい子をお迎えしていただくことはできませんでしょうか?




キャリアーのことは発症率を気にされると思いますが、




はっきり言って・・・・・普通のねこと病気になる確率は変わりません。




今、若い猫もいつかは老いますし、病気をする可能性もあります。




今、元気な猫も病気をする可能性もあります。




それとなんら変わりないと言うか、特別な違いはないと思うんです。




例えば、今、発症している猫をお迎えするのには、特別な決心が要るかも知れません。




それは藏田もわかるんです。




だって、少しでも長く一緒に暮したいじゃないですか。




でも、発症していない子の場合、普通に寿命を全うする子も居るので、怖がりすぎる必要は無いと思うんです。




はい。




なので、どうかFeLVキャリアーの子達にも、眼を向けてやっていただけませんでしょうか。




1匹飼いが望ましい子達にも、眼を向けてやっていただけませんでしょうか。




どうかどうか、想いが届きますように・・・・・







*****************


✨里親さんとの出逢いを待っている子達の一覧はこちら✨

image9876543_20161130104648ee8.jpg 

ぜひ、見てね♡





✨活動を応援してください♪✨

サポーター募集

ご無理の無い範囲での継続的なご支援で活動を支えてください!m(_ _)m




*****************


ポチッとして頂けると、励みになります♪

にほんブログ村 猫ブログへ






***************************************

| 保護(新入所)のお知らせ | 01:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT