PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キジ赤ちゃん亡くなりました。



一昨日深夜から哺乳力が落ち、ミルクを飲むのを嫌がるようになりました。







赤ちゃん猫の場合、できることが本当に少なくて、保温と誤飲さえ気を付けたら、あとは本当に本猫の生命力にかけ、必死に頑張るしかない。




誰がお世話当番のときであってもありえることで、




乗り越え、生きようとしているいのちをなんとか今日一日を繋ぎ、それを二日、三日、と落ち着いて繋いでいくしかない。




わたしはいつもそうスタッフたちに話している。




この活動は自分の感情を置き去りにしなければならないときもあるけれど、




必ず助かるいのちが1頭でも増えるという形の結果としてついてくる。




混乱する気持ちはいつか折り合いがつく。




その時期にこだわる必要はない。




全ては自然なときの中で色々な物事を得ながら折り合いがつくこと。



親猫の手術ができるように、なんとか着手できるよう、野良猫の末路を繰り返さないようにする活動ができたらと思う。



みんなで頑張ろう!!!






ちびちゃん。



必ずもう一度、生まれ変わってくるんやで!!!



そして、素敵な家族に巡り逢って、幸せな猫生を過ごすんやで!!!







***************************************


ポチッとして頂けると、励みになります♪

にほんブログ村 猫ブログへ






***************************************

| 藏田雑記 | 11:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT