PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぴー助、ご火葬。



7日の日は、長い闘いの疲れを癒してもらおうと思い一日ゆっくりさせ、
8日14時から、ご火葬に行ってまいりました。



















お花、沢山頂戴しました。
本当にありがとうございました。m(__)m




いただいたお花を一本ずつ、ぴー助に持たせました。




そして、お守りと。






行ってらっしゃい!
ぴー助!!!




















ご住職にご無理申しあげまして、自分で火を入れさせていただきました。






最後の最後まで、させて欲しかったので、お願いをさせていただきました。











暫く、温度の上昇を見つめていました。










ぴー助は、白く綺麗なお骨になりました。



お骨拾いのときに見つけた、骨。



恐らく、この骨がぴー助を苦しめた左の骨盤の一部です。



少しへこみのあるところに、大腿骨の骨頭が入っていたはずです。



何度も何度も何度も、手術を検討し、見続けた写真。



この骨を、この骨盤を整復するのにいくつもの手術主義のシュミレーションを考えていただき、見続けた骨。












ぴー助は、白く綺麗なお骨になって、



長い長い旅に、出発しました。






とても大切に想っていた猫なのですが、



死を感じないというか、感じさせないというか、



とってもとっても仲の良かった友達が、



どこか遠いところへ、



長い旅に出かけたような感じがしています。






それは行き先があるのか。



時々、風天の寅さんのように帰ってくる時があるのか。



今、どの辺りに居るのか。






と、こちらは考えているのですけど、



どうもぴー助は、



      ちょっと行ってくるよ!!! またね♪



って、言っているような気がします。











とっても沢山、心のこもったお花やメッセージ、キャンドルを頂戴しました♪
ぴー助の周りは、とても賑やか~な感じ。^^

本当に、ありがとうございました!!!






















M・M様
ありがとうございました!!!m(__)m






A・S様
ありがとうございました!!!m(__)m






Yご夫妻様
ありがとうございました!!!m(__)m






A・S様
ありがとうございました!!!m(__)m






M・I様
ありがとうございました!!!m(__)m






Oファミリー様
ありがとうございました!!!m(__)m






H・S様
ありがとうございました!!!m(__)m






K・I様
ありがとうございました!!!m(__)m






A・M様
ありがとうございました!!!m(__)m






宇宙へはじめて行ったライカ犬クドリャフカを忘れないために様
ありがとうございました!!!m(__)m






ぴー助の足長さまよりお預かりしている足長基金より、
ぴー助の足長ご一同様
ありがとうございました!!!m(__)m






ぴー助!!!
ありがとね!!!




ぴー助!!!



行ってらっしゃい!!!



    きっと、またね♪♪



| 足長キャット・ぴー助 | 01:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT