PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いたましい事故



一昨日の夜にご相談いただいた野良ちゃんの子猫に、届けるお薬でした。





この子は保護してくださる方が見つかっていて、ノミだらけに加えて、猫風邪の目脂で瞼が塞がっているとのこと。
それらに必要なお薬とケイジを届ける予定で、朝からバタバタと、ぴー助のお世話、ぴー助が居る部屋の掃除、子猫のお世話、子供の弁当作って児童クラブへ送り出して、施設の空調チェックに行って、やっとこさ出れたのが11時過ぎ。





その方が保護されるまで、道路に飛び出してはいけないので、小屋の中でその方のお仕事が終わるのを待つ予定だった子猫。




小屋は第三者のもので、エアコンも扇風機もあるので、行動制限するだけで良かったのですが、いたましい事故に繋がりました。






暑かろうと思われたのか、氷。





藏田が段ボールを開けたとき、






冷え切った子猫が、かすかな虫の息をしていました・・・・・・






とっさの緊急事態に一秒思考回路が停止。




今、一刻を争いしなければいけないこと!
とにかく暖めなければ!!!




この間までカイロは車にあったのに、降ろした直後。
偶然にも小屋にあったので借り、ドライヤーを借りて全力で暖める。
受け入れ先の病院を探して、全速で病院に搬送。











手足、真っ白・・・・・






体温がまだあがってこない・・・







先生が処置中、ドライヤーで保温。







徐々に体温が上昇し・・・






この間、20分くらいだったと思う・・・





意識は無いけれど、とろーん、とろーん、だった呼吸レベルが上昇し、自発呼吸が少しずつ回復、












暖かい高濃度酸素室に移動。







どうか、どうか、意識が戻りますように。




あなたを助けようとしてくれた方が待っている。



それはすぐそこにあるから、




どうか、その方のもとに、無事行けますように!!!









そう願い、





強く願い、祈りを込め、





とても厳しい状態なのを重々承知で先生に託し、




病院を出ました。









18時14分。






携帯が鳴り






それは、眼が醒めたか、





天に還るかのお知らせの着信で、




その着信は、今、息を引き取ったとの連絡でした。









朝は元気にご飯をねだっていた子猫。





暑かろうと思われ、そばに置かれた氷が凶器となった。





蓋を閉められた段ボールは冷蔵庫の中のような状態となった。




低体温により、血管が縮み、脳に酸素が行かなくなった。




脳梗塞と同じ状態になった。




その時間を聞くのが怖い。







今日は火葬せず、






藏田もこのところ想うことがあり、






やりたいことをやらせていただいてから、





神様にお返ししようと思う。






今は、





これまで。




| 藏田雑記 | 08:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT