PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぴー助、通院。

藏田です。




今日は、明日の譲渡会準備もあるし、施設内で他の用事もあるし、行く予定は無かったのですが、ちょっと行く用が出来まして・・・




昨日あたりから点滴量を悩んでいたので、丁度良いわと思い、ぴー助も連れて病院へ行ってきました♪




201603060053296f1.jpg

この時点で、今日はまだ点滴を入れておらず、3日の日に250ccにしてみたけれど、ちょっといきなりの50cc減はダメージあるような気がして4日に280ccにして、これくらいかなぁ・・・と思っていたところでした。

その相談風景。



201603060053320e3.jpg




2016030600533267d.jpg








20160306005334562.jpg

お口の中チェック。
先生「白いなぁー。」




20160306005336c8c.jpg

体重は100g増加!





20160306005407f0c.jpg

ちょっと顔つきもバリッとしてきました♪






2016030600540975a.jpg

なんか・・・もうシニアなんですけど、若く見えますね。笑






20160306005412c9e.jpg

タイムラグを計算して、点滴をして帰りました。





今日は必要な血液検査だけ。





BUNとクレアチニンは下がってきています。
まだ正常値じゃないけれど、140振り切っていたのが、70に。
クレは2.4。
腎臓、良い腎臓やなぁ・・・本当に、ぴー助の腎臓に、感謝・・・・・・・





輸血後の初再診ではPCVが20だったけれど、11でした。
ALBは2.4と、ここだけは何故かいつも維持できている、これ低いけど、維持してくれているからこそ、維持できる身体を持ってくれているからこそ、今がある・・・と、今日改めて気が付きました。




先日、お電話で、他の子逹の相談もあり、お話ししていたときに、造血剤どうする?と言われていました。




で、今日の検査結果で、抗体のがつきにくい方の(ジェネリックだから安い。でも値段は気にしていない。ましてや1頭。要るものは要るから。)ネスプに変更、1.5μg/kg=0.18mlとのことで、0.2ml使いで再開。

20160306005410138.jpg






201603060054128a1.jpg

あとは、薬品庫の補充処方。





今日行くきっかけになったのは別の用があったからなんだけれど、




先生「どうや?血便、止まったか?」



藏田「止まっています。」



先生「こうゆう時に、検査しとかなあかんねん、腸の炎症が治まってるんやったら、今の状態で白血球がどうかみなあかんねん。」



藏田「じゃあ、行きます。」




と、なったわけなのですが、




白血球にも色々種類があり、その比率やらを、色々考察されていました。




デルクリアーごときで止まらんやろうけど、やってみる?




なんでiアシスト使ってへんの?



とりあえず、もうちょっと便固めよ。



とのこと。






別に、何ってこと無いんだけれど、この一言一言に孤独にされず、支えられてきた。





白血球数は48000とまだ高い。




先生は、「こうなったら、癌ではないなぁ。」と言われていた。




癌であろうと動じない。




だって、すること同じやから。







帰り間際、





ぴー、ええ感じちゃう?




と、言われていた。




そう思います、と答えた。






明日も今日の繰り返し。




明後日も、丁寧に同じことをするのみ。




積み上がってきて、結果がついてくる。




そこに、ぴー助の「元気」があれば良い。









今、ぴー助の主治医の先生は、兄的存在でもあり、歳は離れ過ぎていないけれど師匠でもある先輩の、大きい先生に診察を委ねられている。


ずっと経過を見守り、ぴー助の元気を祈り続けてくださっている。





まぁ、わたしは、先生同士で行き来があるので助かっている。




要らぬ気を使わずに済むから。




今日のメインの相談、点滴は、10mlずつ減らすこと。
もちろん、一気にじゃなく。
身体を徐々に慣らしながら。




これでまたBUNをあげてしまっては、同じことをやらなければならなくなってくる。




だから焦らない。




ぼちぼち、頑張ろうな、ぴー助♪

| 足長キャット・ぴー助 | 01:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT