PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

理想は高く。

藏田です。






今朝、起きましたら、ぴー助と東大阪のグリーンがケイジ越しに見つめあっておりました。
何を話していたのでしょうか?笑






ぴー助は、少し行動が良い調子のときの行動に戻りつつ。
でも、他の猫では心配なことも多々あります。






グリーンも、せっかくケイジフリーになったのに、食べれていない様子があり、体調面が気になります。
入院管理をしようが、ガーデンで管理しようが、把握しようと思えば結局ケイジを使わざるえないわけで。




人も動物も死は刹那であって、尊厳は生の中にある。



わかっています。
充分に。
理想の保護ができたらどれだけ良いか・・・



だからこそ、頭数を抑えて、保護してから里親さんが見つかるまでの期間が短期で済むように、早く流れを作り上げたいのです。



だけれども・・・・・・
今、生死の崖っぷちに居る子に遭遇すると・・・・・・・



保護してしまいますね・・・・・・・
またみんなを苦しめるとわかっていても・・・・・・・・



だからこそ、やらなければならないことがあって。
藏田の代で、やってしまわなければならないことがあって。








行政の処分事業も、早く譲渡事業に移行できるように尽力しなければならない。



行政への持ち込みを減らす為にも、根元の根立活動もしていかなければならない。



保護している子たちの里親探しも尽力しなければならない。



野良ちゃんの繁殖制限もやっていかなければならない。







やることは本当にいっぱいで、疲れが溜まるときがあるけれど、





自己啓発しながら乗り越えていくしかない。笑





気持ち次第なんでね!








さて!

今朝は導尿だったぴー助。

もうおちりが黒くなっているので、ぴーたんのおちり洗ってきます♪






























| 藏田雑記 | 14:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT