PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

命のリレー

藏田です。




10月30日に、高知で公示された、22710013の子猫ちゃん。
























負傷が酷く、早期の治療開始が必要と判断したため、公示期限が切れる前に、治療と引き取り希望を申し出ました。




センターで治療できることが一番理想なのですけれど、今は動物管理法というものもあって、現状維持の名目のもと、そのまま「保管」がなされている行政も多く、公示期限後にセンターを出られたとしても、治療ができなかったために命を落とす動物がいる、ということを、皆様には知っていただきたいのです。



ボランティアさんと上手く信頼関係を築き、連携を取れている行政は、治療部分はボランティアさんに託されている行政もあります。



何故、外部に依頼しなければならないのか。
それは恐らく、予算の関係でしょう。
治療費、人件費、など。



この問題も、たとえ法改正がなされたとしても、そこだけやっても大きく前には進みません。
予算のこともセットで考えないと、ダメです。



京都の餌やり禁止条例についてもそうでしょう。
マナーを守るためにの部分からだけ新しい条例を作っても、まちねこ事業ときっちりセットで進めていかないと、片方の蛇口だけ締めても、片方の蛇口の水はだだもれ。
問題解決にはならないです。




すみません。
この件は、また別の機会にしっかりと書きたいと思います。




金曜日に公示された子猫ちゃん。
色々な方に働きかけていただきましたが、この日の治療開始は無理でしたが、月曜日から地元の病院で治療を受けさせていただくことができました。
壊死していた肉も除去手術を受け、昨日5時15分の公示期限を待ち、高知から関西へやってきてくれました。










神戸で待ち合わせをさせていただきまして、遠い高知から、高知の活動家、吉村義文さんが、大切にいのちを搬送してきてくださいました。





吉村キャット15、サファイヤです。





神戸のドッグカフェさんにも深夜にも関わらず場所の提供をいただきました。





吉村義文さん。
お逢いしたかった・・・

ご挨拶が大変遅くなり、ご無礼いたしました・・・





やっぱり想像していたとおりの方でした。
静かだけれど強い・・・母なる大きい河のような。
色々なものが融合され削ぎ落とされ調和されたような。

想像していたとおりの・・・・・・大日如来さま。







そして、書類を書いたりの場所をご提供くださった、ドッグカフェの秋山文子さん。






秋山さんも、神戸の活動家です。
外見も美しくてかっこいいけれど、中身もバリバリにかっこいい女性です。

深夜に関わらず、大変お世話になり、本当にありがとうございました!!!






そして、Ruuちゃん。
18年のコンビです。笑





らぶぴに到着したのが4時半くらいだったと思われ。^^;
とりあえず、ケイジに。





ご飯を元気よく食べてくれました。^^
よかった、よかった。





昨日は外出時間が長かったから給餌量が減るので気になっていた、まる。
ドライフードを自ら食べてくれて、救われました。







今朝のサファイヤ。






かさぶたの下の治癒速度がわからないのと、もう少し検査をしたいことがあるので、先ほど、病院に搬送していただきました。




今日、何故この記事を書くかというと、こうしてひとつの掛け替えのないいのちを守り繋ぐ背景には、本当に多くの方のリレーがあります。
そして、最終地点は里親さんです。



私たちリレー走者は、まだバトンを持って走っています。



保護は、そこからが活動の始まりで、今からが戦いなのです。



ネットではあまりに多くの情報が飛び交いすぎるからか、保護されたら安心される傾向があります。


でも、決してそうではありません。


最終地点は、里親さんなのです。





うちだけでなく、全国の動物保護管理センターや保健所、動物保護団体、個人活動家のもとで、たくさんの犬猫が最終地点、終の住処を待ち続けています。




どうか、この子たちを家族の一員として、お迎えしてください。



私たちは、この子たちが1匹里親さんに迎えていただければ、また別のいのちを救うことができます。



里親さんもチームです。
仲間です。



そして、理念が大きくかけ離れていれば無理でしょうが、別組織だとかくそだとか言ってないで、みんなで一丸となって、この問題に取り組むべきです。



死の宣告を受ける動物を前にして、しのごの言っている余裕はないです。



賛同してくださる方は、同じようにアクションを起こす、里親さんになる、色々な形で、参加してください。



どうかどうか、皆様の心に届きますように。

| 藏田雑記 | 13:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT