PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

被災猫まる、ぼちぼち頑張ってます。

藏田です。




火曜日、月曜日夜に入設した、吉村キャット13、14、の子達の初期検査に便乗し、




吐き止めの注射を射ってもらいに、大きい先生のもとへ。




前日に小さい先生こと、ぴー助の先生に、錠剤でもらってあるのだけれど、病院へ行く用があるのだから注射で射つに越したことはない。









これ、素人が見てもわかるでしょう?
空洞の中に光って横たわるなにか。




これが、胆嚢から胆嚢管の方へ向かって広範囲にポリープらしきものがある。



確定診断はお腹を開いて組織をとって病理に出す以外方法はないし、そこまでのリスクを犯すことはできないので、



血液検査と臨床所見合わせての、仮診断となる。



大きい先生も、ぴーやんの先生も、所見は同じだ。



そして、大きい先生いわく、消えるかもわからんし、消えんかもわからんし、これがこの先も悪さするかもわからんけど、することは一緒なので、とにかく、無心でやれ、とおっしゃられていた。




点滴の量を増やして、少し調子が良さそう。
今日はよく動き、爪研ぎしたり、すりすりしたり、自分でも食べている。





























しっかり看て、じっくり向き合って、




ぼちぼち、頑張ろうな、まる!




| 藏田雑記 | 00:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT