PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近江八幡 まりちゃん 家猫へ

藏田です。



9月半ば。



まりちゃんに逢ってきました♪



と、同時に、急展開となった、まりちゃんを迎えたいとおっしゃってくださる、地元のまりちゃんファンの方のお話しをお伺いに、まりちゃん退院後の後見をつとめてくださっているMさんと一緒に、訪問させていただきました。






まり。
家の中で見るまりちゃんが藏田も初めて。







痛めてしまった、左前肢を少し引きづりながら、家の中を、実にまったりと・・・本当にまったりと、くつろぐまりちゃんが居ました。







まりちゃんのことが大好きで、まりちゃんはじめ、まりちゃん一家の写真が玄関にずらりと飾られていました。






Mさんいわく、Mさんご自身は自宅と職場と同伴することになんら負担はないとおっしゃっておられ、だけれども先住のわんちゃん、猫ちゃんがいらっしゃり、Mさんの眼で見て、うちよりまりが落ち着いている、とのお話しをお聞かせいただきました。






落ち着いてました。
確かに。^^

心の中から安堵感が放たれていて、周囲にもそれが感じ取れるものでした。





だから、このまま引き続き生活を共にしていただき、できれば、このままお迎えいただく方向で、お話しをさせていただいてきました。




まりちゃん。
窓辺で佇むまりちゃん。
何を考えているのか。
何に想いを馳せているのか。

そんな光景でした。




もう、まりちゃんは外で暮らすことはできません。



今は、残っている一家も実は心配です。



一家ごと、連れて行こうかな。笑



なーんちゃって。






広いお家を悠々と、心静かに歩き、窓辺に佇むまりちゃんに心は、多分、決心。
何かの決心をしたようにも見受けられました。





そう。^^
決めたの。

そうか。
それならそれでええ。




幸せになって、まりちゃん。




このままMさんと共に、ご家族とまりちゃんの幸せを見守りたいと思います。



| 藏田雑記 | 02:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT