PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

吉村キャット1 かっぱこ(若猫・♀)里親募集



【保護経緯】 高知県の活動家の処分対象の犬猫達の命をつなぐ活動に賛同し、意志を引き継ぎました。
吉村義文さんの活動はこちら

【仮名】 かっぱこ

【性別】 女の子

【毛色・特徴】 白黒

【月・年齢】 2~5歳くらい

【初期検査・初期ケア】 済み
 血液一般・生化学検査(良好)
 FIV・FeLV検査(済み、FIV陰性、FeLV陽性)
 避妊手術(未→現在、FeLV陰転を目指してインターフェロン療法中のため、延期しています。)
 ワクチン(済み)
 ノミダニ駆虫(済み)
 便検査(済み→マンソン陽性、コクシジウム陽性、鉤虫陽性にて駆虫中。)
 耳ダニ検査(済み→陰性)

【疾患・後遺症】 現在は、FeLV陽性。

【性格】 一度逢ったら虜になってしまうくらいに、可愛い性格のかっぱこです。


































































現在、サイトカイン療法を実施中。
約一ヶ月、連続投与ののち、FeLV検査を再検査します。


かっぱこに限らず、うちにはFIV(猫エイズ)、FeLV(猫白血病)キャリアーの猫達が複数います。
他の団体や個人の方のもとにも、キャリアーの子達が手厚く保護されています。

キャリアーの子達は里親募集の土俵から何故かけんえんされがちですが、その原因が、他猫への感染防御のことだけの心配であるのであれば、複数飼いでなく、1匹飼いであればなんら問題はありませんし、

ましてやFIVキャリアーの場合であれば、濃厚感染が成立する環境でなければ簡単に移ることはありませんし(具体的に言うと、出血を伴うような大きな喧嘩をする場合)、ノンキャリアーの猫との同居もできます。

多くの場合、正しい知識が普及しておらず、迎えることのできる方がなかなか増えないのだと思います。

持続感染キャリアーであっても、インターネットで検索してみてください。
たくさんの子達が楽しく幸せな生活を送っています。

キャリアー=病気=すぐ亡くなる→ではありません。


里親希望様が正しい知識を持っていただくだけで、キャリアーの子達が幸せになることができます。

加齢に伴い病気がちになっていく子も居れば、最後まで元気に過ごしてくれる子も多く居ます。
これは、キャリアーの子達に限られたことではありません。

感染症にかかっていない子も、同じような生を行くのではないでしょうか。


そのような同じ気持ちをお持ちの、里親希望様からのお問い合わせを、お待ちいたしております。


どうぞよろしくお願いいたします。

| 里親募集中の子達 | 10:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT