fc2ブログ

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

実の親子のように

少し前の写真ですが・・・



イエローとサブレが寄り添って寝ていました。






20160818185721721.jpg




ちょっと臆病なところもあるイエローですが、常に子猫のことを気にかけている優しい子です😊

サブレのお腹に手を置いてる姿に、癒されました♪

今はサブレは里親様の元へ旅立ちましたが、
カラスに襲われていた子猫たちの相手を頑張ってます



こちらはガーデンのチャミー君😃


20160820214736689.jpg



この時は何やらずっと床を覗きこんでました。

何がいたのか・・・不明です(゚∀゚)

| スタッフ雑記 | 23:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都市動物愛護センター視察




24日、

滋賀県議会議員 山本正県議の主催で、

民進党第3区総支部 総支部長 小川やすえさん
滋賀県議会議員 今江雅彦さん
滋賀県議会議員 中沢啓子さん
滋賀県議会議員 柴田智恵美さん
滋賀県動物愛護推進委員 田中ヒロヤさん
三日月知事選政策集に動物愛護の項目を取り入れていただけるよう多大なご尽力をしてくださいました、市民活動家の北岡七夏さん

にご一緒させていただき、

京都の動物愛護センターの視察にお伺いさせていただきました。






LOVE&PEACEが法人になった地でもある京都は今でも縁が多く、活動拠点のひとつとして、京都の行政にもお伺いさせていただく機会があります。
以前の京都市を統括する、京都家庭動物相談所の目の前に、大きな公園がありました。
訪問のときにいつも、この公園、もったいないなぁー、こんな大きな公園があるんやから、増築するなりして、収容されてきた動物の管理を充実できたら良いのになー、と話していたことがあります。
その公園を利用して、公園の中に建設された新しいセンターを昨日拝見して、夢が叶ったような気持ちになりました。

もともと京都も、「府」と「市」によって管轄する地域、担当業務が違っていたのですが、この度、新しいセンター建設時に府と市が協働する行政として誕生しました。
そのため、ここのセンターには、府の所長、市の所長、が居られ、日々の業務が行われています。

約2時間近いお話と施設見学は、大変充実したものになりました。
歩みと現在の取り組み、今後の課題など、どのお話も何度も試行錯誤を繰り返したものだけがお話することができる内容のもので、現場の人間にとって、共感するものが大変多くありました。
















今の京都の愛護センターと同じくらいの充実を、すぐに出来るとは思いませんが、その事情に精通された方々お話をひとつずつ吸い上げていき、尊重し、認め合い、良いセンターを作っていく、という信念と理念のもと心と力を合わせることができれば、今の滋賀でも実現することができるのではと思うこともありました。

山本正県議。
山本さんはいつも核心で、本気の取り組みに、いつも心強く思います。

小川さん。
動物が大好きで、自ら保護して里親探しをされています。
会話がわたしたちと同じで、政治家なのに、視点が面白い。

今江県議。
さすが歳の功、人間に深み、味わいがあります。^^
今江さんもセンターからお迎えされた保護動物を家族に持たれています。
目尻、下がられてましたよー。

中沢県議。
やはり、ご家族が保護動物を家族にお迎えくださっていました。^^

柴田県議。
やはり政策のことで、他の皆様と同じく、色々、色々、ご質問をされていました。
あたたかなお人柄を感じました。

センターは、ずっと動物を飼い続ける場所でも新しい飼い主を探すための場所ではないけれど、

一番責任を負うべき人は、

安易に動物を飼い、
安易にセンターに持ち込む人。

だからこそ、安易に動物を飼う人を社会が
生み出さないこと、
安易にセンターへ動物を持ち込ませないこと。

わたしたちは動物保護の観点から、できるだけ多くの動物を保護するためにできるだけ多くの新しい飼い主さんを探し、野良猫の繁殖制限に力を注ぎます。

この身体が動く限り。

大変貴重なお話をお伺いさせていただき、本当にありがとうございました。
ご一緒させていただきました皆様、本当にありがとうございました。



| 藏田雑記 | 10:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サブレとひよこ 里親適正試験期間へ入りました


サブレとひよこ、里親さまのお宅で里親適正試験期間に入りました♪


LINE_P20160825_230311225.jpg


サブレ、全く動じず・・・ここはどこにゃ~♪




LINE_P20160825_230311355.jpg



ひよこも全く動じず・・・サブレの後を追います(^-^)





LINE_P20160825_230311273.jpg




里親さまのご自宅についてすぐに探検



すぐに遊びだして、行ってすぐとは思えない2匹でした♪


LINE_P20160825_230311405.jpg


↑もっと探検するにゃ~♪なサブレ



LINE_P20160825_230311458.jpg


2匹とも以前から里親さんのご自宅に居た様な感じでした(*^_^*)


25.jpg


天真爛漫な2匹、どうぞよろしくお願いします♪♪



| 里親決定のお知らせ | 23:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「いのちを救う」チャリティーLIVE 夏Soni




21日、大津市堅田で行われました、
「いのちを救う」チャリティーLIVE 夏Soni

無事、盛況に終了されました!

開催におかれましては、ご関係者の皆様の大変なご尽力と、
イベント趣旨にご賛同してくださいました多くのアーティストの皆様の開催へのお力添え、
そして、その想いを形にして届けようと、ご賛同ご協力くださいました、ご来場くださいました皆様、

が、あったからこその、開催であったと思います。

皆様、本当にお疲れさまでした!!!
本当に、ありがとうございました!!!

現在、国内の動物保護管理センターは、

公の業務として、収容された動物をずっと飼い続ける場所でも、新しい飼い主さんを探す場所でもありませんが、

責任を負うべき人間は、動物保護管理センターに安易に動物を持ち込む人間ではないでしょうか。

動物の殺処分を無くすためには

1、動物を処分する場所と知りながら持ち込む飼い主があとを絶たないことを踏まえると、国民ひとりひとりが意識レベルを向上させること

2、きちんと飼い続けることが出来る飼い主の数より、行き場を失い、殺処分されてしまう動物が多いことを踏まえると、動物の繁殖ビジネスに制限をかけること

3、野良猫の繁殖制限はもちろんのこと、産まれてくるいのちに責任が持てないのであれば繁殖制限手術を徹底すること

4、動物保護管理センターは、収容された動物たちをケアし、新しい飼い主、譲渡先を探すこと

5、愛護団体もペットショップも動物保護管理センターも、動物を新しい飼い主に紹介する上で、譲渡条件となる飼育適性基準の統一をはかること

が、絶対に必要です。

これらのことを啓蒙啓発し、実現していくためにも、このイベントの趣旨が広く社会に伝わっていきますように。

2軒のお店と、どうぶつたちのいのちを救うために集まってくださったアーティストの皆様のアクションから、町内へ広がり、地域へ広がり、社会へ大きく広がっていきますように!!!

貴重な時間と想いを共有させていただきましたすべての皆様に、

心から御礼申しあげます!!!

参加者全員で写真を撮りたかったのですが、物理的に無理でした・・・^^;
ですので、出演者のライブ映像などは、サウスポイント様のフェイスブックページよりご視聴くださいませ!!!

画像は、滋賀の動物問題と第一線で向き合い、取り組んでくださってる、
滋賀県動物愛護推進委員の皆様とセンターボランティア様、参加協力してくださいましたアーティスト、
義心さま、さあちさま、淡海響組さま、の皆様と!

| お知らせ | 09:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サブレとひよこ 里親様 内定しました!!

22.jpg


チビチビ2匹

サブレとひよこ、里親様が内定しました♪



20.jpg


出来れば

仲のいい2匹をこの先も一緒に過ごさせてあげたい・・

という思いを受け入れてくださり、2匹一緒に旅立つ事が出来ました



21.jpg


これからはいっぱい遊んでもらえるよ♪



23.jpg


応援、ありがとうございました(^-^)/




そして、次は・・・・


24.jpg


「カラスに追われていた子猫たち」の里親募集を頑張らねばっ(^∇^)ノ


写真はその中の1匹


タキシードキャットの男の子

目はまだ治療中ですが、どんどん元気になってます

で、この子は性格がいい~(^-^)

さわると嬉しくてゴロゴロ♪
抱っこするとニャーと、見えてないのに鳴いてくれる(*^_^*)

早く目を治そうね♪






| 里親決定のお知らせ | 23:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT